検索

コロナ禍の山小屋宿泊事情               

渡辺孝志 



 山小屋は、コロナ対策で宿泊者の密を避けるため宿泊者数の制限をし、

予約が必要となっています。

テントも、場所によっては要予約。

今回、計画をしようとコンタクトした小屋の予約方法です。三者三様。


南アルプス・北岳山荘

WEBでの予約入力(確認メールあり)

予約後、宿泊費は前払い(メンド―)

テントも要予約


北アルプス・白馬山荘

電話かWEBでの予約(WEBは、確認メールあり)

支払いは、現地

テント場なし(村営小屋のテント場は要予約)


八ヶ岳・赤岳鉱泉

電話での予約(口頭のみ。時々、怪しいので最終は要確認)

支払いは、現地

テントは予約不要


料金も、11,000~12,000円/1泊

テント代は、2,000円/1泊

宿泊費は、1万円以下だったのが、20%近くアップ

でもテント代は、倍!

かっては、正月に行者小屋の手前の木立の中にテントを張り、テント代

500円x日数をセーブしてみんなで喜んでいたのに。

今や1泊2,000円。

それもだんだん麻痺して「しょうがないなあ」と思うようになった。

コロナ収束したら元に戻してよね?と内心、切に願いながら。

こんなことが続いていると、日本アルプスを縦走だなんて言っても、スマホが必携になる。

と言うことは、バッテリーも。小型のソーラーバッテリーの方がいいかも。

小屋で充電は100円/回なので、こちらが便利か。

結局、金次第。

登山は脱日常と思っていたが、ITと先立つものがないと宿泊の予約や変更も難しい。


だんだん話がそれてきたのでこの辺で。

参考資料 + ボヤキでした。

最新記事

すべて表示

7月月例ハイキング 二子山~伊豆ケ岳山行報告

日 時 令和3年7月10日(土) 参加者 L大島 大波 岡部(俊) 岡部(由) 兼高 小泉 鈴木 渡辺(孝) 渡辺(千) 7/21、22日の白馬岳錬成を兼ねて少し長い山行をと芦ヶ久保駅~二子山~伊豆が岳正丸駅のコースを選びました。 天気予報はあまり良くないので兼高さんに相談したら少々悪い中を歩くのもいいんじゃないのと頼りになる返事。 芦ヶ久保駅8:00集合。8:10出発。 二子山10:00 尾根上