top of page
検索

コロナ禍の山小屋宿泊事情               

渡辺孝志 



 山小屋は、コロナ対策で宿泊者の密を避けるため宿泊者数の制限をし、

予約が必要となっています。

テントも、場所によっては要予約。

今回、計画をしようとコンタクトした小屋の予約方法です。三者三様。


南アルプス・北岳山荘

WEBでの予約入力(確認メールあり)

予約後、宿泊費は前払い(メンド―)

テントも要予約


北アルプス・白馬山荘

電話かWEBでの予約(WEBは、確認メールあり)

支払いは、現地

テント場なし(村営小屋のテント場は要予約)


八ヶ岳・赤岳鉱泉

電話での予約(口頭のみ。時々、怪しいので最終は要確認)

支払いは、現地

テントは予約不要


料金も、11,000~12,000円/1泊

テント代は、2,000円/1泊

宿泊費は、1万円以下だったのが、20%近くアップ

でもテント代は、倍!

かっては、正月に行者小屋の手前の木立の中にテントを張り、テント代

500円x日数をセーブしてみんなで喜んでいたのに。

今や1泊2,000円。

それもだんだん麻痺して「しょうがないなあ」と思うようになった。

コロナ収束したら元に戻してよね?と内心、切に願いながら。

こんなことが続いていると、日本アルプスを縦走だなんて言っても、スマホが必携になる。

と言うことは、バッテリーも。小型のソーラーバッテリーの方がいいかも。

小屋で充電は100円/回なので、こちらが便利か。

結局、金次第。

登山は脱日常と思っていたが、ITと先立つものがないと宿泊の予約や変更も難しい。


だんだん話がそれてきたのでこの辺で。

参考資料 + ボヤキでした。

最新記事

すべて表示

2023年12月24日 雪慣れ山行

日 時  令和5年12月24日(日) 参加者  L渡辺(正)小泉、樋口 敬称略 参加予定の長谷川さんが体調不良でキャンセルとなり、所沢駅東口で残りの参加者と待合せ、土合口に向かいました。沼田ICを過ぎてから路肩に残雪の後があり、水上温泉街より先は路面に雪があり雪慣れ山行には申し分ない積雪量でした。ロープウェイで頂上に到着し9時半頃登山を開始しました。天候は晴れ、風が弱く絶好の雪慣れ山行日和でした。

2023年12月17日 宝登山

宝登山      12月17日 参加者 川島、長谷川、豊里、兼高、渡辺千恵子、L高橋佳更 年の瀬、今年もあと2週間 点検、装備の為、宝登山ロープウェイは運休、シャトルバスを見送り 宝登山へ、コースはいつも帰りに歩いている道を登り野上駅へのコースと 決まる。枯葉の道をのんびり歩く・・・するとランナーがものすごい速さで下ってきた‼(そんなイベントきいていないよー) 右によけ、左によけ、奥の院到着、頂上

2023年10月18日 - 19日   福島  信夫山(しのぶやま)と城址巡り

日 時  10月18日~19日 参加者  L中村、L兼高、大波、川島、高橋佳更、長谷川、渡辺夫妻 18日は、NHK吉田類さんの百低山で放送され気になっていた信夫山に行きました。駅からも見える260mほどの山です。 車を山の中腹にある駐車場に止め展望台へ、東側が見渡せ山並みの奥には昨年行った霊山が、眼下には街並みと競馬場もみえました。暖かでハイキング日和です。車道を一度下り、左右にユズがなるユズ畑を

bottom of page