検索

コロナ禍の山小屋宿泊事情               

渡辺孝志 



 山小屋は、コロナ対策で宿泊者の密を避けるため宿泊者数の制限をし、

予約が必要となっています。

テントも、場所によっては要予約。

今回、計画をしようとコンタクトした小屋の予約方法です。三者三様。


南アルプス・北岳山荘

WEBでの予約入力(確認メールあり)

予約後、宿泊費は前払い(メンド―)

テントも要予約


北アルプス・白馬山荘

電話かWEBでの予約(WEBは、確認メールあり)

支払いは、現地

テント場なし(村営小屋のテント場は要予約)


八ヶ岳・赤岳鉱泉

電話での予約(口頭のみ。時々、怪しいので最終は要確認)

支払いは、現地

テントは予約不要


料金も、11,000~12,000円/1泊

テント代は、2,000円/1泊

宿泊費は、1万円以下だったのが、20%近くアップ

でもテント代は、倍!

かっては、正月に行者小屋の手前の木立の中にテントを張り、テント代

500円x日数をセーブしてみんなで喜んでいたのに。

今や1泊2,000円。

それもだんだん麻痺して「しょうがないなあ」と思うようになった。

コロナ収束したら元に戻してよね?と内心、切に願いながら。

こんなことが続いていると、日本アルプスを縦走だなんて言っても、スマホが必携になる。

と言うことは、バッテリーも。小型のソーラーバッテリーの方がいいかも。

小屋で充電は100円/回なので、こちらが便利か。

結局、金次第。

登山は脱日常と思っていたが、ITと先立つものがないと宿泊の予約や変更も難しい。


だんだん話がそれてきたのでこの辺で。

参考資料 + ボヤキでした。

最新記事

すべて表示

7月15日                     長谷川 (東京は猛暑続きが連日の雨に変わり、富山の天気が出発まで気になる毎日) 出発当日、東京は雨の中、電車に乗り込む。 富山も雨もよう、お昼を食べ夕食、朝食、行動食をたっぷり買い込み、一路本日の宿へ。ゲストハウス・ピステ、一棟を貸し切り。宿も素敵。オーナー夫人も素敵。ワインの差し入れまで頂き。芦峅雄山神社(あしくらおやま)に参拝し、山行の無事を

日 時  令和4年7月10日(日) 参加者  L渡辺(正)、高橋(京)、長谷川  敬称略 奥多摩駅で参加者全員集合し、8時45分登山を開始しました。天候は曇り時々晴れで湿度が低い状態でした。急な階段及び急登を進み11時40分頃鋸山山頂に到着しました。この後稜線歩きとなり、鎖場を通過し13時20分頃大岳山に到着しました。頂上に30~40人の登山者が休憩していました。御前山方面の展望がよく景色を堪能す

6/24 新青森駅集合。それぞれの座席で一人旅気分。仙台駅ホームで赤いザックに木の杖を持っているいつもの中村さんの姿を見つける。 新青森駅に夜行バスで来ているLの樋口さんがいない。連絡が付きレンタカー会社で待っているとの事で無事合流。3台のレンタカーに分乗し、スーパーで買い出し。雨の中着いた鯵ヶ沢キャンピングパークは森林の中の設備が整っている良い所でした。 夕方高山さんご夫妻が来てくれてました。