top of page
検索

コロナ禍の山小屋宿泊事情               

渡辺孝志 



 山小屋は、コロナ対策で宿泊者の密を避けるため宿泊者数の制限をし、

予約が必要となっています。

テントも、場所によっては要予約。

今回、計画をしようとコンタクトした小屋の予約方法です。三者三様。


南アルプス・北岳山荘

WEBでの予約入力(確認メールあり)

予約後、宿泊費は前払い(メンド―)

テントも要予約


北アルプス・白馬山荘

電話かWEBでの予約(WEBは、確認メールあり)

支払いは、現地

テント場なし(村営小屋のテント場は要予約)


八ヶ岳・赤岳鉱泉

電話での予約(口頭のみ。時々、怪しいので最終は要確認)

支払いは、現地

テントは予約不要


料金も、11,000~12,000円/1泊

テント代は、2,000円/1泊

宿泊費は、1万円以下だったのが、20%近くアップ

でもテント代は、倍!

かっては、正月に行者小屋の手前の木立の中にテントを張り、テント代

500円x日数をセーブしてみんなで喜んでいたのに。

今や1泊2,000円。

それもだんだん麻痺して「しょうがないなあ」と思うようになった。

コロナ収束したら元に戻してよね?と内心、切に願いながら。

こんなことが続いていると、日本アルプスを縦走だなんて言っても、スマホが必携になる。

と言うことは、バッテリーも。小型のソーラーバッテリーの方がいいかも。

小屋で充電は100円/回なので、こちらが便利か。

結局、金次第。

登山は脱日常と思っていたが、ITと先立つものがないと宿泊の予約や変更も難しい。


だんだん話がそれてきたのでこの辺で。

参考資料 + ボヤキでした。

最新記事

すべて表示

あんぺいじ40周年記念山行 千葉・鋸山 山行報告

日 時  令和6年4月6日(土) 参加者  L渡辺(孝)、SL渡辺(正)含め約20人 参加者と浜金谷駅に11時半に集合し、鋸山登山を開始しました。L渡辺(孝)グループはロープウェイ利用、SL渡辺(正)グループは登山道でそれぞれ頂上に向かいました。天気予報は曇りから雨で、雨が降る前に終了できればと思いました。登りは表参道を利用しましたが、始めの階段が急登で大変でした。天候が良ければ東京湾一望のはずで

2024年4月6日 - 7日 40周年記念行事

大島、大塚、大波、岡部夫妻、金井、兼高、川島、君塚、小圷、菅井、高橋京子、 高橋佳更、対馬、坪山、寺井、中岫、中村、長谷川、渡辺正志、渡辺夫妻 鋸山  4月6日 浜金谷に集合、電車にフェリー、車と思い思いの交通機関で集まってきた。 歩いて登るグループと大塚、兼高、中村、渡辺会長の4人はロープウェイに分かれ出発 とりあえず片道のキップを買いロープウェイに乗り込む。誰も地図を持っていないことに気づきロ

2024年3月15日 - 17日 熊野古道

日時 令和6年3月15日(金)~17日(日) 参加者 L渡辺(正)、金井、高橋(京)、豊中、長谷川、矢代 敬称略 15日(金)朝、自家用車にて各待ち合わせ場所で合流し、羽田空港駐車場から飛行機で南紀白浜空港着後、路線バスで新宮大社に予定どおり到着しました。天気は快晴で気温が高く申し分ない天候でした。宿に荷物を置き昼食後新宮大社を観光しました。威厳があり威風堂々とした雰囲気でした。その後大鳥居を観光

Comments


bottom of page