検索

九鬼山ー高畑山縦走

2019年5月26日(日)

 

参加者 大島、大波、岡部、兼高、川口、鈴木、長谷川、渡辺(孝)、渡辺(千)、渡辺(正)、君塚 (敬称略)

 晴れ。10時間歩くには絶好の天気。人気の少ない猿橋駅を後に登山口まで道路を進み、狭く急な登山道からこの日のハイキング開始。800メートルから900メートルと標高のさほど高くない山々、稜線からは手に取るように民家の見える位置的にはまさにハイキングといえるような山々である。しかし、登り始めるとほどなく岩交じりの急登が始まる。さほど気温は高くないが既に汗が流れている人も。岩交じりが過ぎるとなだらかになる、がまた急登、登りきると急下降この繰り返し。細かい石があり非常に滑りやすい中、下りは慎重に進む。急登、急下降、ちょっと平坦、山腹の道が谷川に斜めになっている箇所は落ちないように慎重に、所々ロープが張られている箇所はそれにつかまり落ちないように進む。4時間近くの格闘の末、九鬼山に到着。雪をかぶった富士山と奥秩父の山々の絶景が迎えてくれる。

10時間という長丁場なのでエスケープルートをいくつか設けてあるが、最も簡単に下山できるのが九鬼山から下山するコース。休憩中に「どうする?」「降りる?」「えー裏切るの?」「XXが降りるなら降りようかなー」など聞き捨てならない会話、責任を人に押し付けようという会話が繰り広げられている(ようであるー聞いてないふりをしていた)。しかし、やはり大島さんの「みんなで高畑山行きましょうよ」という何気ない一言が「んー」から「何とかなるかな」に変わり、全員で先に進む。しかし、女性陣のザックはまるで無尽蔵の食料倉庫のようである。次から次へと食料が出てくる。それも休憩する度に(おすそ分けごちそうさまでした)。山の楽しみは登るだけではないということを改めて考えさせられる。

ここから高畑山の稜線は倒木が多い。それを時に乗り越え、時にくぐり、回避した回り道を進む。さらにここもアップダウンが連続する。巻き道がないためすべてのピークを登り、滑りやすい急下降を下る。そのうち林道に出て、大桑山(高畑山の手前のピーク)の登り口まで舗装路の登りをしばらく歩くが、それまでの疲れもあり足取りが重い。そして大桑山へは草を掴みながらの超急登の登り口。この急登が延々と続く。しかし、急なアップダウンに7時間も痛めつけられたとは思えないほど集団はしっかりと進む。大桑山を経て、そして高畑山へ。疲労している面々はついついその辺のピークを勝手に終点の高畑山と思い込み「もう少し(かもしれない)」と懸命に登っていくがそれは無残にも裏切れら、「これが最後(のピーク)」という会話もむなしく宙に漂う。疲労が募るが当然終わりは来るものである。とうとう高畑山に到着。富士山は大分霞んできているがまだ姿を見せている。全員無事に高畑山到着である。下山し鳥沢の駅に着いたのは18:30。11時間の大縦走、皆さん大変お疲れさまでした。









最新記事

すべて表示

7月15日                     長谷川 (東京は猛暑続きが連日の雨に変わり、富山の天気が出発まで気になる毎日) 出発当日、東京は雨の中、電車に乗り込む。 富山も雨もよう、お昼を食べ夕食、朝食、行動食をたっぷり買い込み、一路本日の宿へ。ゲストハウス・ピステ、一棟を貸し切り。宿も素敵。オーナー夫人も素敵。ワインの差し入れまで頂き。芦峅雄山神社(あしくらおやま)に参拝し、山行の無事を

日 時  令和4年7月10日(日) 参加者  L渡辺(正)、高橋(京)、長谷川  敬称略 奥多摩駅で参加者全員集合し、8時45分登山を開始しました。天候は曇り時々晴れで湿度が低い状態でした。急な階段及び急登を進み11時40分頃鋸山山頂に到着しました。この後稜線歩きとなり、鎖場を通過し13時20分頃大岳山に到着しました。頂上に30~40人の登山者が休憩していました。御前山方面の展望がよく景色を堪能す

6/24 新青森駅集合。それぞれの座席で一人旅気分。仙台駅ホームで赤いザックに木の杖を持っているいつもの中村さんの姿を見つける。 新青森駅に夜行バスで来ているLの樋口さんがいない。連絡が付きレンタカー会社で待っているとの事で無事合流。3台のレンタカーに分乗し、スーパーで買い出し。雨の中着いた鯵ヶ沢キャンピングパークは森林の中の設備が整っている良い所でした。 夕方高山さんご夫妻が来てくれてました。