検索

白馬岳

更新日:2019年3月24日

2018年 7月22日(日)、23日(月)

 

参加者  L渡辺(正)、

 当初栂池から白馬岳を経て猿倉までの3日間の計画でしたが参加者不在のため、猿倉から大雪渓を経て帰不ノ瞼・唐松岳から八方に下山する計画に変更しました。

 7/21(土)午後7時前に高速バスを利用し午後11時半頃八方に到着しました。バス停前にある八方の湯の軒下で仮眠しました。

 7/22(日)午前6時半過ぎに猿倉に到着し登山を開始しました。天候は晴ですが気温が少し高いと感じました。大雪渓を経てお花畑で色とりどりの花を観賞し村営山荘に午前11時頃到着しました。白馬岳頂上ではガスが発生しており展望は望めませんでした。この後、杓子岳及び鑓ヶ岳を経由し午後4時頃天狗山荘に到着しました。風が強く明日の朝までに収まってくれればと思い就寝しました。

 7/23(月)ガスが立ち込め風が強い状態のため、帰不ノ瞼を諦め撤退をし往路にて猿倉まで下山しました。その後八方の湯で汗を流し、高速バスでで帰京しました。

 今回、参加者無しで山行計画を変更しましたが、暑い中での山行で天候不順により更に山行変更(撤退)となりましたが、数年ぶりの白馬岳であり登山自体を楽しむことができました。

渡辺 正志

最新記事

すべて表示

7月15日                     長谷川 (東京は猛暑続きが連日の雨に変わり、富山の天気が出発まで気になる毎日) 出発当日、東京は雨の中、電車に乗り込む。 富山も雨もよう、お昼を食べ夕食、朝食、行動食をたっぷり買い込み、一路本日の宿へ。ゲストハウス・ピステ、一棟を貸し切り。宿も素敵。オーナー夫人も素敵。ワインの差し入れまで頂き。芦峅雄山神社(あしくらおやま)に参拝し、山行の無事を

日 時  令和4年7月10日(日) 参加者  L渡辺(正)、高橋(京)、長谷川  敬称略 奥多摩駅で参加者全員集合し、8時45分登山を開始しました。天候は曇り時々晴れで湿度が低い状態でした。急な階段及び急登を進み11時40分頃鋸山山頂に到着しました。この後稜線歩きとなり、鎖場を通過し13時20分頃大岳山に到着しました。頂上に30~40人の登山者が休憩していました。御前山方面の展望がよく景色を堪能す

6/24 新青森駅集合。それぞれの座席で一人旅気分。仙台駅ホームで赤いザックに木の杖を持っているいつもの中村さんの姿を見つける。 新青森駅に夜行バスで来ているLの樋口さんがいない。連絡が付きレンタカー会社で待っているとの事で無事合流。3台のレンタカーに分乗し、スーパーで買い出し。雨の中着いた鯵ヶ沢キャンピングパークは森林の中の設備が整っている良い所でした。 夕方高山さんご夫妻が来てくれてました。