検索

白馬岳

更新日:2019年3月24日

2018年 7月22日(日)、23日(月)

参加者  L渡辺(正)、

 当初栂池から白馬岳を経て猿倉までの3日間の計画でしたが参加者不在のため、猿倉から大雪渓を経て帰不ノ瞼・唐松岳から八方に下山する計画に変更しました。

 7/21(土)午後7時前に高速バスを利用し午後11時半頃八方に到着しました。バス停前にある八方の湯の軒下で仮眠しました。

 7/22(日)午前6時半過ぎに猿倉に到着し登山を開始しました。天候は晴ですが気温が少し高いと感じました。大雪渓を経てお花畑で色とりどりの花を観賞し村営山荘に午前11時頃到着しました。白馬岳頂上ではガスが発生しており展望は望めませんでした。この後、杓子岳及び鑓ヶ岳を経由し午後4時頃天狗山荘に到着しました。風が強く明日の朝までに収まってくれればと思い就寝しました。

 7/23(月)ガスが立ち込め風が強い状態のため、帰不ノ瞼を諦め撤退をし往路にて猿倉まで下山しました。その後八方の湯で汗を流し、高速バスでで帰京しました。

 今回、参加者無しで山行計画を変更しましたが、暑い中での山行で天候不順により更に山行変更(撤退)となりましたが、数年ぶりの白馬岳であり登山自体を楽しむことができました。

渡辺 正志

最新記事

すべて表示

コロナ禍の山小屋宿泊事情               

渡辺孝志 山小屋は、コロナ対策で宿泊者の密を避けるため宿泊者数の制限をし、 予約が必要となっています。 テントも、場所によっては要予約。 今回、計画をしようとコンタクトした小屋の予約方法です。三者三様。 南アルプス・北岳山荘 WEBでの予約入力(確認メールあり) 予約後、宿泊費は前払い(メンド―) テントも要予約 北アルプス・白馬山荘 電話かWEBでの予約(WEBは、確認メールあり) 支払いは、現