top of page
検索

白馬岳

更新日:2019年3月24日

2018年 7月22日(日)、23日(月)

 

参加者  L渡辺(正)、

 当初栂池から白馬岳を経て猿倉までの3日間の計画でしたが参加者不在のため、猿倉から大雪渓を経て帰不ノ瞼・唐松岳から八方に下山する計画に変更しました。

 7/21(土)午後7時前に高速バスを利用し午後11時半頃八方に到着しました。バス停前にある八方の湯の軒下で仮眠しました。

 7/22(日)午前6時半過ぎに猿倉に到着し登山を開始しました。天候は晴ですが気温が少し高いと感じました。大雪渓を経てお花畑で色とりどりの花を観賞し村営山荘に午前11時頃到着しました。白馬岳頂上ではガスが発生しており展望は望めませんでした。この後、杓子岳及び鑓ヶ岳を経由し午後4時頃天狗山荘に到着しました。風が強く明日の朝までに収まってくれればと思い就寝しました。

 7/23(月)ガスが立ち込め風が強い状態のため、帰不ノ瞼を諦め撤退をし往路にて猿倉まで下山しました。その後八方の湯で汗を流し、高速バスでで帰京しました。

 今回、参加者無しで山行計画を変更しましたが、暑い中での山行で天候不順により更に山行変更(撤退)となりましたが、数年ぶりの白馬岳であり登山自体を楽しむことができました。

渡辺 正志

最新記事

すべて表示

あんぺいじ40周年記念山行 千葉・鋸山 山行報告

日 時  令和6年4月6日(土) 参加者  L渡辺(孝)、SL渡辺(正)含め約20人 参加者と浜金谷駅に11時半に集合し、鋸山登山を開始しました。L渡辺(孝)グループはロープウェイ利用、SL渡辺(正)グループは登山道でそれぞれ頂上に向かいました。天気予報は曇りから雨で、雨が降る前に終了できればと思いました。登りは表参道を利用しましたが、始めの階段が急登で大変でした。天候が良ければ東京湾一望のはずで

2024年4月6日 - 7日 40周年記念行事

大島、大塚、大波、岡部夫妻、金井、兼高、川島、君塚、小圷、菅井、高橋京子、 高橋佳更、対馬、坪山、寺井、中岫、中村、長谷川、渡辺正志、渡辺夫妻 鋸山  4月6日 浜金谷に集合、電車にフェリー、車と思い思いの交通機関で集まってきた。 歩いて登るグループと大塚、兼高、中村、渡辺会長の4人はロープウェイに分かれ出発 とりあえず片道のキップを買いロープウェイに乗り込む。誰も地図を持っていないことに気づきロ

2024年3月15日 - 17日 熊野古道

日時 令和6年3月15日(金)~17日(日) 参加者 L渡辺(正)、金井、高橋(京)、豊中、長谷川、矢代 敬称略 15日(金)朝、自家用車にて各待ち合わせ場所で合流し、羽田空港駐車場から飛行機で南紀白浜空港着後、路線バスで新宮大社に予定どおり到着しました。天気は快晴で気温が高く申し分ない天候でした。宿に荷物を置き昼食後新宮大社を観光しました。威厳があり威風堂々とした雰囲気でした。その後大鳥居を観光

Bình luận


bottom of page