検索

春合宿 岳沢集中 前穂高・西穂高

更新日:2019年9月22日

2019年5 月3日ー4日

 

参加者  L渡辺(孝)、大島、兼高、川口、君塚 敬称略


 昨年雨で撤退のリベンジで今年も岳沢集中。快晴、ほとんど風のない絶交の春山日和の中岳沢でテント。30張ほどあったでしょうか。岳沢小屋のテラスで雄大な景色に感慨にふける人、テントで寛ぐひと達をよそにテントでこれからの登山の無事を祈って祝杯、そして恒例の宴会。21時前小屋の人に「騒がしい」とお叱りを受け就寝。翌日早々に出発するパーティーもいる中余裕で準備。5時40分出発。明神沢に取りついている先行グループがアリのように見え、そのあとを追う。次第に角度が急になり前に出す足の歩幅が狭くなる。ところによりダガーポジションを取りながら急峻な斜面を這い上る。9時20分登頂。待っていたのは北アルプス南部を一望できる大絶景。しばらくまったりしてこの絶景を楽しむ。下りは滑落に注意しながらゆっくりと。12時15分テント場着。紆余曲折ありその日に下山する。


 春の北アルプスを堪能しました。



最新記事

すべて表示

7月15日                     長谷川 (東京は猛暑続きが連日の雨に変わり、富山の天気が出発まで気になる毎日) 出発当日、東京は雨の中、電車に乗り込む。 富山も雨もよう、お昼を食べ夕食、朝食、行動食をたっぷり買い込み、一路本日の宿へ。ゲストハウス・ピステ、一棟を貸し切り。宿も素敵。オーナー夫人も素敵。ワインの差し入れまで頂き。芦峅雄山神社(あしくらおやま)に参拝し、山行の無事を

日 時  令和4年7月10日(日) 参加者  L渡辺(正)、高橋(京)、長谷川  敬称略 奥多摩駅で参加者全員集合し、8時45分登山を開始しました。天候は曇り時々晴れで湿度が低い状態でした。急な階段及び急登を進み11時40分頃鋸山山頂に到着しました。この後稜線歩きとなり、鎖場を通過し13時20分頃大岳山に到着しました。頂上に30~40人の登山者が休憩していました。御前山方面の展望がよく景色を堪能す

6/24 新青森駅集合。それぞれの座席で一人旅気分。仙台駅ホームで赤いザックに木の杖を持っているいつもの中村さんの姿を見つける。 新青森駅に夜行バスで来ているLの樋口さんがいない。連絡が付きレンタカー会社で待っているとの事で無事合流。3台のレンタカーに分乗し、スーパーで買い出し。雨の中着いた鯵ヶ沢キャンピングパークは森林の中の設備が整っている良い所でした。 夕方高山さんご夫妻が来てくれてました。