検索

焼岳個人山行記録

  1. 期日 2020.10.1~2

  2. 参加者:樋口 剛さん(CL)、渡辺 孝志さん(SL)、長谷川孝子さん(会計)、小泉(記録)

  3. 行動記録

10/1(木)東村山駅前20時発→中央高速府中IC⇒松本IC→沢渡駐車場0時着(泊)

10/2(金)起床5:00~沢渡BT7:05発→タクシーで中ノ湯登山口駐車場7:25着 7:30発~焼岳山頂10:45着 11:35発~中尾峠12:45着~焼岳小屋13時着~帝国ホテル前15:50着→タクシーで沢渡駐車場16:15着→松本IC⇒府中IC→東村山駅前21:15着 解散


4. 感想

 念願だった焼岳登山を、思い切って渡辺会長さんにお願いしたところ、快く引き受けて下さり、樋口さん・長谷川さんが参加して下さり、今回の山行の運びとなりました。

当日は朝から快晴。タクシー予約の手違いで、30分遅れで中ノ湯登山口駐車場へ。駐車場はすでに満車。登山口から1時間もしないうちにプーンと硫黄の臭いが・・・。下堀沢出合に着くと一気に視界が広がり、目の前に黄色と赤に紅葉した木々の間から、澄み切った青空を突き抜けるように白い煙を吐く焼岳が登場。紅葉の赤・黄色・空の青・焼岳の岸壁の白の中を行く。高度が上がるにつれ、振り返ると左手に霞沢岳が、右手に乗鞍岳が勇姿を現す。遠くに中央アルプス、南アルプスも見える。北峰と南峰の稜線に上がると反対側に火口湖正賀池が静かに佇む。煙を噴く岸壁下をトラバース。北峰の肩に着き、正面を見るといきなり槍・穂高連峰がドーンと目に飛び込んでくる。山頂は360度の大展望。槍・穂高の峰々、西鎌尾根の先に双六岳、鷲羽岳、近くに笠ヶ岳、遠くに剣・立山連峰も見え、思わずヤッホー!もう素晴らしすぎ! 中尾峠への下り道の各所からも煙が立ちのぼり、改めて活火山なんだなあと認識。小さな焼岳小屋を過ぎ、怖い梯子を下り、帝国ホテルまでひたすら下山。待ち構えていたタクシーに乗り込み、無事に沢渡駐車場着。

紅葉の時期もあり、山の中の配色の多さ、各方向から次々に現れる景色の仕掛けのおかげで、刺激的で面白いこの周回コースが好きになりました。

夜勤明けで一睡もしていない樋口さん、翌日に結婚式でバンド演奏を控えているとの渡辺会長さん、ホッとするおしゃべりで心を和ませてくれた長谷川さん、お忙しい中お付きあい下さり、皆様のおかげで楽しく充実した山行ができました。本当にありがとうございました。

最新記事

すべて表示

7月15日                     長谷川 (東京は猛暑続きが連日の雨に変わり、富山の天気が出発まで気になる毎日) 出発当日、東京は雨の中、電車に乗り込む。 富山も雨もよう、お昼を食べ夕食、朝食、行動食をたっぷり買い込み、一路本日の宿へ。ゲストハウス・ピステ、一棟を貸し切り。宿も素敵。オーナー夫人も素敵。ワインの差し入れまで頂き。芦峅雄山神社(あしくらおやま)に参拝し、山行の無事を

日 時  令和4年7月10日(日) 参加者  L渡辺(正)、高橋(京)、長谷川  敬称略 奥多摩駅で参加者全員集合し、8時45分登山を開始しました。天候は曇り時々晴れで湿度が低い状態でした。急な階段及び急登を進み11時40分頃鋸山山頂に到着しました。この後稜線歩きとなり、鎖場を通過し13時20分頃大岳山に到着しました。頂上に30~40人の登山者が休憩していました。御前山方面の展望がよく景色を堪能す

6/24 新青森駅集合。それぞれの座席で一人旅気分。仙台駅ホームで赤いザックに木の杖を持っているいつもの中村さんの姿を見つける。 新青森駅に夜行バスで来ているLの樋口さんがいない。連絡が付きレンタカー会社で待っているとの事で無事合流。3台のレンタカーに分乗し、スーパーで買い出し。雨の中着いた鯵ヶ沢キャンピングパークは森林の中の設備が整っている良い所でした。 夕方高山さんご夫妻が来てくれてました。