検索

焼岳個人山行記録

  1. 期日 2020.10.1~2

  2. 参加者:樋口 剛さん(CL)、渡辺 孝志さん(SL)、長谷川孝子さん(会計)、小泉(記録)

  3. 行動記録

10/1(木)東村山駅前20時発→中央高速府中IC⇒松本IC→沢渡駐車場0時着(泊)

10/2(金)起床5:00~沢渡BT7:05発→タクシーで中ノ湯登山口駐車場7:25着 7:30発~焼岳山頂10:45着 11:35発~中尾峠12:45着~焼岳小屋13時着~帝国ホテル前15:50着→タクシーで沢渡駐車場16:15着→松本IC⇒府中IC→東村山駅前21:15着 解散


4. 感想

 念願だった焼岳登山を、思い切って渡辺会長さんにお願いしたところ、快く引き受けて下さり、樋口さん・長谷川さんが参加して下さり、今回の山行の運びとなりました。

当日は朝から快晴。タクシー予約の手違いで、30分遅れで中ノ湯登山口駐車場へ。駐車場はすでに満車。登山口から1時間もしないうちにプーンと硫黄の臭いが・・・。下堀沢出合に着くと一気に視界が広がり、目の前に黄色と赤に紅葉した木々の間から、澄み切った青空を突き抜けるように白い煙を吐く焼岳が登場。紅葉の赤・黄色・空の青・焼岳の岸壁の白の中を行く。高度が上がるにつれ、振り返ると左手に霞沢岳が、右手に乗鞍岳が勇姿を現す。遠くに中央アルプス、南アルプスも見える。北峰と南峰の稜線に上がると反対側に火口湖正賀池が静かに佇む。煙を噴く岸壁下をトラバース。北峰の肩に着き、正面を見るといきなり槍・穂高連峰がドーンと目に飛び込んでくる。山頂は360度の大展望。槍・穂高の峰々、西鎌尾根の先に双六岳、鷲羽岳、近くに笠ヶ岳、遠くに剣・立山連峰も見え、思わずヤッホー!もう素晴らしすぎ! 中尾峠への下り道の各所からも煙が立ちのぼり、改めて活火山なんだなあと認識。小さな焼岳小屋を過ぎ、怖い梯子を下り、帝国ホテルまでひたすら下山。待ち構えていたタクシーに乗り込み、無事に沢渡駐車場着。

紅葉の時期もあり、山の中の配色の多さ、各方向から次々に現れる景色の仕掛けのおかげで、刺激的で面白いこの周回コースが好きになりました。

夜勤明けで一睡もしていない樋口さん、翌日に結婚式でバンド演奏を控えているとの渡辺会長さん、ホッとするおしゃべりで心を和ませてくれた長谷川さん、お忙しい中お付きあい下さり、皆様のおかげで楽しく充実した山行ができました。本当にありがとうございました。

最新記事

すべて表示

コロナ禍の山小屋宿泊事情               

渡辺孝志 山小屋は、コロナ対策で宿泊者の密を避けるため宿泊者数の制限をし、 予約が必要となっています。 テントも、場所によっては要予約。 今回、計画をしようとコンタクトした小屋の予約方法です。三者三様。 南アルプス・北岳山荘 WEBでの予約入力(確認メールあり) 予約後、宿泊費は前払い(メンド―) テントも要予約 北アルプス・白馬山荘 電話かWEBでの予約(WEBは、確認メールあり) 支払いは、現