検索

越後駒ヶ岳

2019年10月5日 - 10月6日 

参加者 兼高、岡部、鈴木、長谷川、対馬、中村、大島 (敬称略)

その1


10/5 小出駅8:45集合、中村、大島は車で、ほかの参加者は新幹線で小出駅に。中村さんすでに車の中で仮眠中。予定りに皆さん集合。

2台の車で枝折峠に。前日の大風で道路は木の枝、葉がたくさん落ちていてよけながら。峠には5台位の車が駐車していて、1台の車は細かい葉っぱが隙間なく張り付いていて昨日の大荒れを物語っていてその凄さにみんなで大笑。この状態だと避難小屋は泊れそうと兼ちゃんと相談しテントは置いてツエルトだけ持って行く事に。

清作さんは気分が乗らないからと待っていると言う。誘ったけど決心は固い。

予報では今日は雨、明日は晴れ。予報に反し雨も上がり曇り、時々日が出て歩きやすい登山日和。下山してきた爽やかな若者グループがあの葉っぱだらけ車の持ち主と聞きまたまた大笑い。管理人さんも居ない避難小屋泊はこのグループだけで昨夜の小屋は大荒れだったそう。 紅葉はちょうど良いかとこの日に計画を入れたのに今年の猛暑で遅れているようでしたが高度が上がるときれいでした。5時間で避難小屋着。管理人さんも今日は登って来ていた。ガスが出て展望悪い中誰も居ない山頂に。

   水は小屋の前に少し出ていたけど岡部、鈴木さん下り3分の水場を偵察に。あまり出ていなかったそう。 共同食のカレーライスも美味しく出来、小屋で買った生温いビールで乾杯。女子会は次々と話題豊富。貸し切りの小屋を贅沢に食堂と寝室、広々と使わせてもらう。


10/6 夜雨音が強かったけど朝には小雨となり6:30下山開始。一日中小雨。予報が悪いせいか登山者はぼつぼつ。滑るので慎重に。

駐車場で待って居てくれた清作さんが出迎えてくれ大湯温泉につかり、お蕎麦を食べ浦佐駅に。新幹線で帰る5名を見送り清作さんは相馬に、大島は長野の実家に寄り帰る。遠くから車で来てタクシー代わりに来てくれた清作さん、ずっと最後から皆を見守って歩いてくれた兼高さんありがとう。参加者の皆さんお疲れ様でした。                                  大島 幸子



その2


5日、新幹線組は小出の駅で大島さんと中村さんと合流、枝折峠へ

駐車場は数台の車しか止まっていない。小屋はゆったりととまれそう。

中村さんは体調が良くないと駐車場に残り私たちは登り始めた。夕飯の材料を分担して持ちシュラフといろいろ入ったみんなのザックは少し重め?

コースタイムどうり小屋に到着、雨がパラパラ雨具を付け山頂、展望なかった。

大島さんは手際よくカレーを作る、見入ってしまう。炊いたご飯に具のあるカレー、鈴木さんスマホで写真「山小屋のカレー」インスタ映えした。

小屋は貸し切りでした。一晩中雨が降っていた。


6日、雨の中を下山、小屋からの岩場は慎重に、途中えぐられた道と水たまり

私の雨具は雨がシミシミ冷えた体は温泉に入りあったまりました。

相馬から来た中村さんは近くを散策していたと、カレーの準備をしてくれた大島さんもありがとう                  兼高

最新記事

すべて表示

10月ハイキング(物見山、日和田山)山行報告

日 時  令和2年10月25日(日) 参加者  L高橋(京)、SL渡辺(正)、大塚、大波、岡部夫妻、金井、兼高、川口、 斉藤、鈴木、高橋(更)、坪山、対馬、長谷川、早川、丸山、森田、和倉、 渡辺(千) 敬称略   ゲスト:高柳さん 集合場所の武蔵横手駅にゲストの高柳さんを含め本年で最も多い21名が集まり8時半頃登山を開始しました。文句なしの快晴で久々に気持ちよく歩くことができそうな天候です。9時4

焼岳個人山行記録

期日 2020.10.1~2 参加者:樋口 剛さん(CL)、渡辺 孝志さん(SL)、長谷川孝子さん(会計)、小泉(記録) 行動記録 10/1(木)東村山駅前20時発→中央高速府中IC⇒松本IC→沢渡駐車場0時着(泊) 10/2(金)起床5:00~沢渡BT7:05発→タクシーで中ノ湯登山口駐車場7:25着 7:30発~焼岳山頂10:45着 11:35発~中尾峠12:45着~焼岳小屋13時着~帝国ホテ