検索

10月ハイキング 武蔵横手から物見山・日和田山  山行き報告


日程  2020年10月25日(日)

参加者 L高橋 大波 大塚 岡部ご夫婦 金井 兼高 川口 斉藤 鈴木 高橋(更)

        高柳 対馬 坪山 長谷川 早川 丸山 森田 和倉 渡辺(正)

武蔵横手駅に20名集合、4組に班分けし8:20分出発。先頭グループは、名ばかりリーダーの高橋と新人2名、丸山さん、そこに兼高さんで、補強? 五常の滝8:50分 右手に流れを見て歩くが滝は見えません。中野?付近で立ち休憩、5分もすると冷えてきたのですぐ歩き出す。山の中の道に入らずに右手の巻き道を歩く。 北向き地蔵9:45分 林道の目の前に舗装道路、渡る。手を合わせ真剣に拝んでいた金井さん。 物見山10:20分 日和田方向から一人上ってきた人がなんとこの間まで会員だった溝口さん。「また入りなさいよ」と皆が声をかける。 駒高にてトイレ休憩、11時出発。 高指山、以前は電波塔あったけど、見えなかった?黄色いテープで侵入禁止のようでした。 金刀比羅神社の鳥居を抜けたら、大きな岩の斜面を登り日和田山の頂上に11時50分。 今まで木立の中の山道だったのに、頂上近く急に大きな岩の斜面登りが出てきたので、びっくり。そして頂上に沢山の人が居て密になり、びっくり。頂上でお昼ご飯などと考えていたのにどうしよう!思考停止の名ばかりリーダー。すると列の後ろから「降りろよ!」という声に我に返り、景色を見る余裕もなくあたふたと降りました。見晴らし良かっただけに残念!! 12:10分 やっとお昼に。 12:45分 久しぶりに参加した森田さんは残り、他は下山。

日和田山の駐車場に降りてきたら、兼高さんが「田部井淳子さんの碑があるのよ。」と教えてくれました。石碑には田部井さんの顔がプリントされていた。偉大な事を成し遂げた日本女性の素朴で優しい顔でした。

13:10分 高麗本郷の交差点にて、帰宅組と巾着田組と聖天院に行く人に分かれて解散しました。  参加の皆さんお世話になりました。ありがとうございました。

*花だより 9月末の下見時は薄ピンクのシュウカイドウがたくさん咲いていた。今回は枯れて見えなかったが、白いショウマの花が尻尾のようで可愛かったです。

                               高橋(京) 

最新記事

すべて表示

7月15日                     長谷川 (東京は猛暑続きが連日の雨に変わり、富山の天気が出発まで気になる毎日) 出発当日、東京は雨の中、電車に乗り込む。 富山も雨もよう、お昼を食べ夕食、朝食、行動食をたっぷり買い込み、一路本日の宿へ。ゲストハウス・ピステ、一棟を貸し切り。宿も素敵。オーナー夫人も素敵。ワインの差し入れまで頂き。芦峅雄山神社(あしくらおやま)に参拝し、山行の無事を

日 時  令和4年7月10日(日) 参加者  L渡辺(正)、高橋(京)、長谷川  敬称略 奥多摩駅で参加者全員集合し、8時45分登山を開始しました。天候は曇り時々晴れで湿度が低い状態でした。急な階段及び急登を進み11時40分頃鋸山山頂に到着しました。この後稜線歩きとなり、鎖場を通過し13時20分頃大岳山に到着しました。頂上に30~40人の登山者が休憩していました。御前山方面の展望がよく景色を堪能す

6/24 新青森駅集合。それぞれの座席で一人旅気分。仙台駅ホームで赤いザックに木の杖を持っているいつもの中村さんの姿を見つける。 新青森駅に夜行バスで来ているLの樋口さんがいない。連絡が付きレンタカー会社で待っているとの事で無事合流。3台のレンタカーに分乗し、スーパーで買い出し。雨の中着いた鯵ヶ沢キャンピングパークは森林の中の設備が整っている良い所でした。 夕方高山さんご夫妻が来てくれてました。