検索

大菩薩嶺

日 時  令和2年8月9日(日)

参加者  L兼高、大島、大塚、大波、岡部夫妻、小泉、高橋(京)、高橋(更)、坪山、対馬、長谷川、渡辺(正) 敬称略


 集合場所の甲斐大和駅に13名が集まり9時過ぎにバスに乗り込み上日川峠に向かいました。臨時バスが出るほど利用者が多く驚きました。10時過ぎに到着し登山を開始しました。霞かかっていて日差しはそれほど強くはなく、標高が高く、風もあり登山しやすい気候でした。福ちゃん荘を経由し雷岩に向かいました。途中霞の中から富士山の頂上を確認することができました。12時頃大菩薩嶺に到着し小休止後に大菩薩峠に14時前に、上日川峠に15時前に到着し、バス及び電車で帰京しました。

 リーダーの兼高さんをはじめ大勢の方にはお世話になり、本当にありがとうございました。

                                    渡辺 正志



甲斐大和駅に集合、バスを待つ間にグループ分けをした。人が増え2台のバスが用意され私たちは1台目に乗ることができた。

梅雨明け最初の日曜日、自粛もあって山を我慢していた人ばかり、駐車場はいっぱいで路駐の車もある。

用意できたグループから出発、「靴ひもが・・」「足がつる」などと久しぶりの歩きに前後しながら歩く。風が気持ちいい20度ぐらいの気温

唐松の緩やかな登りから少し急になり日陰がなくなってくるとお花畑になってくるのかと思っていたら笹原にコウリンカだけが咲いている。

登ってくるときに見た「シカ」かわいいと写真を撮ったけど花がなくなったのは鹿のせいコウリンカはおいしくなかったらしい

雷岩で休憩し大菩薩嶺までピストン

峠までの稜線は遠くが靄っとしていて富士山が見えない。

親知不の峠ではネットで張られた場所に昔のお花畑をみた。

大菩薩峠ではアサギマダラが花をとびかっていた。

下りは少し広めの道で下りやすく快適に下山、3時のバスに間に合いました。

みなさんご苦労様

                                    兼高