検索

忘年山行

2019年12月1日 

 

参加者 大島 大波 岡部峻、由美子 金井 兼高 川島紀子 君塚 斉藤 高橋佳更 対馬 中村 長谷川 樋口 丸山茂 トシエ 渡辺正志 渡辺孝志,千恵子(L、記)

 


此処のところのお天気は変化が激しく不安でしたが、曇り曇り晴れの予報まずは良し!車窓から青空が見える。どうぞこのまま青空になって下さい。願いながら、藤野駅にバス2台に分乗し和田到着18名(大島さんは、後から参加)で登山口から陣馬山へ出発。歩いていると暑くなり着るもの調整。何故か2名は、ダウンを脱がない!

暑くないのか?まぁ~人の事だからいいや・・・

歩きながら富士山は見えないよね、と話しながら最後の階段もうそこ着いた!かすかに富士山見える。少しすると大島さん到着、早~い。食べる物を並べおもち用の具、お雑煮の支度が終わり、テーブルには豪華に食べる物が並び、乾杯~お腹が空いているので、凄い勢いで食べ始める。茶屋のおじさん「そんなに食べたらお餅食べられなくなるよ」とアドバイス。でもお腹には勝てない。いいの「持って帰るから」お腹も満たされお餅つきの始まり、正君がこねる。つきては丸山茂さん

続いて岡部峻さんたち数名がつき、〆は、正君と茶屋のおじさんの合いの手。皆さんの協力でつきあがり、具にからませ食べる。美味しい~

この頃には暖かくなり富士山も綺麗に見えてきた。茶屋のおじさんが、半分をのし餅にしてくれました。

もうお腹一杯お雑煮も少ししか食べられず・・・お土産のお餅を持ち14:00下山開始

下山はどうしても早く足が進んでしまう。(この事は反省すべき事です)15:15バス停到着

バス停で人数確認あらあら2名がいない!登山口からバス停まで190m

登山口まで見に行くが、二人の姿がない。神隠しに会ったのか。其れともまさかの誘拐??わぁ~どうしょう・・・

渡辺孝志家は、とても身代金払えない。あきらめるしかないと思っていたら

帰りは予定の15:42発のバスで全員一緒に無事に藤野駅に。さぁ~二人はいったい何処に居たのでしょう?

皆様の御協力により無事に忘年山行を終了できました。御参加下さった皆様お疲れ様でした。有難うございました。


その2

 天気に恵まれ午前8時前に藤野駅に合流しバスで終点に向かい、登山を開始しました。紅葉はピークを過ぎていたかと思いますが、目の保養をしながら頂上向かい10時半前に到着しました。富士山が良く見え風もそれほど無く比較的暖かい状況でした。食事の用意、もちをついて、楽しく忘年会をすることができました。午後2時頃下山を開始し無事に終了することができました

 リーダーの渡辺(千)さんをはじめ大勢の方にお世話になり、本当にありがとうございました。

                                    渡辺 正志

最新記事

すべて表示

7月15日                     長谷川 (東京は猛暑続きが連日の雨に変わり、富山の天気が出発まで気になる毎日) 出発当日、東京は雨の中、電車に乗り込む。 富山も雨もよう、お昼を食べ夕食、朝食、行動食をたっぷり買い込み、一路本日の宿へ。ゲストハウス・ピステ、一棟を貸し切り。宿も素敵。オーナー夫人も素敵。ワインの差し入れまで頂き。芦峅雄山神社(あしくらおやま)に参拝し、山行の無事を

日 時  令和4年7月10日(日) 参加者  L渡辺(正)、高橋(京)、長谷川  敬称略 奥多摩駅で参加者全員集合し、8時45分登山を開始しました。天候は曇り時々晴れで湿度が低い状態でした。急な階段及び急登を進み11時40分頃鋸山山頂に到着しました。この後稜線歩きとなり、鎖場を通過し13時20分頃大岳山に到着しました。頂上に30~40人の登山者が休憩していました。御前山方面の展望がよく景色を堪能す

6/24 新青森駅集合。それぞれの座席で一人旅気分。仙台駅ホームで赤いザックに木の杖を持っているいつもの中村さんの姿を見つける。 新青森駅に夜行バスで来ているLの樋口さんがいない。連絡が付きレンタカー会社で待っているとの事で無事合流。3台のレンタカーに分乗し、スーパーで買い出し。雨の中着いた鯵ヶ沢キャンピングパークは森林の中の設備が整っている良い所でした。 夕方高山さんご夫妻が来てくれてました。