​それぞれの山

​美しきかな たたずまい

 花の息吹があちらこちらで声を上げる初夏の山みち。短い夏への嘆息、冬の訪れに抵抗するかのようにこれでもかとあらゆる手段で色づき、人を山へといざなう魔法にかける秋の山。

 それがどこであれ、いつであれ、それぞれが持つ山には最高の瞬間が刻まれている。その記憶をたどり、その「時」をまた身近にするために恐らく山人はまた登る。

 季節はずれの暑い日が続いてますが、山々からは紅葉の便りが続々と届いてます。北アルプスでは標高の高い山では見頃を迎えながらもその秋色は下へ下へと下っているようです。1年という長さからはほんの一瞬でしかない秋の紅葉。空の青を従え、紅葉色に染まる山は山人でない人にも見てほしい。それを知った人には是非山を好きになってほしい。

                2019/10/6

 山に限らずとも、海、空、そこにいる人しか味わえない格別の風景がある。多くの人はその風景を求めて何度もそこを目指す。

 山は季節に強烈に付き従い、その包容と苛烈に徹底的に打ちのめされる。春のささやき、夏のおおらかさ、秋のだいたん、冬のそうごん。全身で山にひたり恩恵に浴す。そしてまた山を目指す。

 全身に汗して息も絶え絶えにたどり着いたそこに絶景が待っていたときの感動に満たされ、至福の瞬間。共に労を分かち合った仲間の喜びに満ちた顔。

 そしてまた山へ。

               2019/9/29

​ 9月、今日は既に10月の声が聞こえる日まで来てますが日中は暑い日が続いおりました。9月の最初の3連休は天気に恵まれ北アルプスは人で埋まっておりました。しかし、その前後では台風の到来、不安定な天気で山へ入るタイミングもなかなか難しい天候。

 今年は9月に入って暑い日が多く、秋の花、紅葉は例年よりも遅れているというニュースが入ってます。それでもやっと涼しくなり始め、山へ行くのには絶好の季節となって来てます。天気も安定してきているようです。チャンスを逃した山、挑戦したい山、のんびりしたい山、これを機会と足を運んでみましょう。

              2019/9/25

​ ここのところ天候不順で山登りには受難のときが続いてます。

 本日、元々白毛門沢に出かける予定でいたものの、上州以北に前線がかかり予報も雨のため、昨晩急遽丹沢に変更。昨晩より現地でテント泊。夜半までの宴を終え就寝。朝、テントを激しく打つ雨の音。起きる気力もなくしそのまま眠る。

 自然が相手とは言え、この天気なんとかならないかと雨乞いならぬ、晴れ乞い​でもしたくなるこのごろです。

​              2019/8/30