検索

忘年山行 顔振峠~ユガテ

参加者 大島、大塚、大波、岡部由、岡部峻、貝瀬、金井、兼高、川島昭、川島紀、

    君塚、小泉、斉藤、鈴木、高橋京、高橋佳、長谷川、丸山、早川、和倉、

    渡辺孝、渡辺千(L)


2020.12.6(日)前日の小雨や寒さとは違い、今日は申し分のない晴天その上暖かい。ヤッター

18名吾野駅8:25出発。登山口までは車道歩き、少しいやになる頃に9:00登山口に到着。服の調整後 顔振峠へ歩き出す。少し急登を登りそこで道が荒れていて迷う。あせる。下見の時はそんな事なかったのに!とにかく登る事ばかり考えていたので、違う方向へ登り始めた時に完全に間違えだった事に気付かされ少し後戻り、迷った時に冷静になり周りに道を探す事が大切と分かりました。皆さんには、御迷惑をおかけしてしまいました。数名の方が優しい言葉をかけて下さりよし頑張って先へ進もう~。

顔振峠に着く少し手前、もみじが陽にあたり綺麗。

顔振峠到着9:55富士山も見える。兼高さんが、昨年も今年もお天気に恵まれているね。そうだね誰がいいの?私とは言えません。勿論皆さんです。

10:05次の目的地 諏訪神社ここはトイレ休憩。途中越上山がありますが、展望なし少し岩あり、頂上狭しの為スルー、途中スカイツリーの見える所を通るが今日は見えない。神社から五六峠を通り茶之岳山(ちゃんたけやま)ここ数年の地図には名前が載っています。明るく開けた場所11:25到着

さあ~後一息、ユガテまでノンストップ。美女が待っています。

民家の庭を下り、左手の先には白のさざんかの花、日和田方面から来るとアーチ状になって綺麗です。今回は皆さん見ていないかもしれませんね。

ユガテ到着12:25。美女3人のお出迎え。場所が空いているのか?心配・・

川島紀さんが大丈夫だよと、テーブル席を2つキープしてありました。流石です。

2グループが居ましたが、直ぐに出発。私達がうるさい!からでは決してありません。

ああ~お腹すいたぁ~、さあ~飲むぞ!???(嗜む程度なはずです。)

1時間の予定と言うと、2時間がいいと言う声もあがりましたが、1時間30分に・・・

長谷川さんがカフェを開店。お水にガス背負って頼もしいです。ご馳走様 売り上げは?

下山前に岡部峻さんのカメラで休憩していた若い女性にシャッターをお願いし、ワァワァ言っていたら静かに!と言われてしまいました。すいません。テンション高くて!

14時下山。東吾野駅15:14発電車にギリギリ乗車、良かった。帰りは、あいさつもする暇もなく・・・いつしか皆さん帰宅へ。

2021年はコロナが終息に向かう事を願い、忘年山行が無事に終えられた事をうれしく思います。ご参加下さった皆さんお疲れ様でした。

記 渡辺千恵子

最新記事

すべて表示

7月15日                     長谷川 (東京は猛暑続きが連日の雨に変わり、富山の天気が出発まで気になる毎日) 出発当日、東京は雨の中、電車に乗り込む。 富山も雨もよう、お昼を食べ夕食、朝食、行動食をたっぷり買い込み、一路本日の宿へ。ゲストハウス・ピステ、一棟を貸し切り。宿も素敵。オーナー夫人も素敵。ワインの差し入れまで頂き。芦峅雄山神社(あしくらおやま)に参拝し、山行の無事を

日 時  令和4年7月10日(日) 参加者  L渡辺(正)、高橋(京)、長谷川  敬称略 奥多摩駅で参加者全員集合し、8時45分登山を開始しました。天候は曇り時々晴れで湿度が低い状態でした。急な階段及び急登を進み11時40分頃鋸山山頂に到着しました。この後稜線歩きとなり、鎖場を通過し13時20分頃大岳山に到着しました。頂上に30~40人の登山者が休憩していました。御前山方面の展望がよく景色を堪能す

6/24 新青森駅集合。それぞれの座席で一人旅気分。仙台駅ホームで赤いザックに木の杖を持っているいつもの中村さんの姿を見つける。 新青森駅に夜行バスで来ているLの樋口さんがいない。連絡が付きレンタカー会社で待っているとの事で無事合流。3台のレンタカーに分乗し、スーパーで買い出し。雨の中着いた鯵ヶ沢キャンピングパークは森林の中の設備が整っている良い所でした。 夕方高山さんご夫妻が来てくれてました。