top of page
検索

2023年 7月20日~22日 朝日岳


日時  2023年7月20日(木)~22日(土)

参加者 大波さん、川島さん 大島


20日 19日からの予定でしたが天気予報悪いので参加者と相談して1日ずらしての山行にしました。

8:17分大宮発新幹線で糸魚川駅に。10:20発、レトロなバスで細い道を高度上げて蓮華温泉に11;55着。平日なので私達3人だけの乗客。小屋から3時までに到着するようにと言われていたのですぐに出発。午後は雨予報。心配していた天気も曇りで歩くのには丁度良かったですが久し振りの大荷物、喘ぎながら花がいっぱい咲いている白馬大池に3:10着。小屋泊は川島さん、大波さんと私はテント。小屋とテント場も予約制。夕方までガスがかかっていたけど夜中はきれいな星空でした。

21日 4:05暗い中出発。小蓮華山頂で朝日が出て今日も良い天気になりそう。

三国境で白馬岳の登山道を左に分けた斜面にはコマクサが沢山咲いていてウルップ草はもう咲き終わっていました。蓮華温泉下山道を過ぎた斜面は残雪があるかと軽アイゼンを持ってきましたが前回の8月末より少なくて不要でした。雪倉岳に少し登った所の避難小屋で花を見ながら夜露に濡れたテントを乾かして気分的少し軽くなったかと登るけど見えていながら中々つかない。山頂近くの岩の上に雷鳥も。

雪倉岳山頂は誰も居なく静か、朝日岳が見えましたがまだ遙かに遠い。

長い下りの先、朝日平迄登り降りの多い水平道を選びましたが悪路があったり大汗。

朝日岳を登り朝日平に下山したほうが良かったかもと思いつつ、小屋に引いている水管が出てきたときはホッとしました。2:02分朝日小屋着。小屋前のテント場は5張位で静かな良い所でした。夕方からガスの中。川島さんは小屋の名物料理、私達は⁇🍺。

23日 3:45出発。1時間で朝日岳山頂着。朝日があたって段々と色が変わる剱岳、富山湾を眺めてまたいつか来られるかと思いながらゆっくりと休憩。栂海新道に行くという2人、2組を見送り花の写真を撮りながら栂海との分岐迄下り蓮華温泉下山道に。

トラバース斜面にはハクサンコザクラの大群落、はるか奥まで薄紫色。雪が消えたばかりの斜面にはどこも花、花。最後は急登の登り返しでようやく蓮華温泉12:00着。

バスを一本見送りゆっくりと温泉に入り乾杯。19:35大宮着で帰りました。

連日長い行程で大変でしたが川島さん頑張ったねー。2018年に兼高さん、大波さんと3人で歩いたコースを心強い大波さんありがとう。3日間良い天気でした。

緊急連絡先の君塚さん正志さんありがとうございました。

                               大島   

最新記事

すべて表示

あんぺいじ40周年記念山行 千葉・鋸山 山行報告

日 時  令和6年4月6日(土) 参加者  L渡辺(孝)、SL渡辺(正)含め約20人 参加者と浜金谷駅に11時半に集合し、鋸山登山を開始しました。L渡辺(孝)グループはロープウェイ利用、SL渡辺(正)グループは登山道でそれぞれ頂上に向かいました。天気予報は曇りから雨で、雨が降る前に終了できればと思いました。登りは表参道を利用しましたが、始めの階段が急登で大変でした。天候が良ければ東京湾一望のはずで

2024年4月6日 - 7日 40周年記念行事

大島、大塚、大波、岡部夫妻、金井、兼高、川島、君塚、小圷、菅井、高橋京子、 高橋佳更、対馬、坪山、寺井、中岫、中村、長谷川、渡辺正志、渡辺夫妻 鋸山  4月6日 浜金谷に集合、電車にフェリー、車と思い思いの交通機関で集まってきた。 歩いて登るグループと大塚、兼高、中村、渡辺会長の4人はロープウェイに分かれ出発 とりあえず片道のキップを買いロープウェイに乗り込む。誰も地図を持っていないことに気づきロ

2024年3月15日 - 17日 熊野古道

日時 令和6年3月15日(金)~17日(日) 参加者 L渡辺(正)、金井、高橋(京)、豊中、長谷川、矢代 敬称略 15日(金)朝、自家用車にて各待ち合わせ場所で合流し、羽田空港駐車場から飛行機で南紀白浜空港着後、路線バスで新宮大社に予定どおり到着しました。天気は快晴で気温が高く申し分ない天候でした。宿に荷物を置き昼食後新宮大社を観光しました。威厳があり威風堂々とした雰囲気でした。その後大鳥居を観光

Comments


bottom of page